記事詳細

人生で初めて出稼ぎ風俗を体験して早1ヶ月が経とうとしています。今では新しい就職先も見つかって風俗店以外の一般企業で働いています。もう一度、出稼ぎ風俗店で働くのはもうないかと思います!(笑)働く事に嫌悪感があるわけではないですが、もう普通の仕事でコツコツ稼ぎたいなーって思ったからそう思うんです。もしも、私が多額の借金を抱えてしまって首が回らない状況でしたら考えますが、今後働く事もないかと思います。お給料は本当にすごく良かったので魅力的ですがね…(笑)誰がこの文章を見てくれてるか分かりませんが、これから出稼ぎを考えてる子がいてたまたま目に留まったら嬉しいなって程度で書いていきます。私の経験した事からなので少しは役に立つかもしれません。私は都内に住んでいるのですが、職場の人間関係に耐えられずに前職を辞めてしばらく家に引きこもった生活をしていました。スマホでネットサーフィンしていた時に広告で風俗の求人が出ていたので興味本意で見てみたんです。場所は四国某所で私は行った事が無くて、特産品で有名な地域でしたので観光する感覚で働けるのかなと思い、求人要項をすらすらと読んでいました。びっくりしたのがお給料です。1日に10万円も稼げるって書いてあり、少し控えめに働いても1日4万円は稼げると書いてあったのです。当時は物欲も無く特にお金に困ってなかったのですが、強いて言うと旅行にはいきたかったのです。私の事を知らない地域でのんびりしたいなーっと漠然と思っていたので四国も悪くないな…と。観光も出来てお金も貰えると考えてしまうと素晴らしいとしか思えず、勢いで応募してしましました(笑)応募して5日後に寮が空くとの事でしたので、その日に合わせて入寮し次の日から働くなかなかのスケジュールで私のデリヘル風俗のキャリアが始まったわけです(笑)勢いで応募してしまったので、最初は本当に何もわからず、スタッフさんが丁寧に教えてくれたサービス方法も緊張でどっかにいってしまい、一番最初のお客さんを困らせてしまったのは本当に申し訳なかったなと思います。でも、お客さんも私みたいな緊張している女の子には慣れているみたいで優しく丁寧に教えてくれました。お客様から教えられるなんて情けなくて、すみません(汗)お客様に身体を触られることに最初は抵抗と言うか、慣れてませんでしたので余計に緊張したのですが2~3名のお客様にサービスする頃には仕事の流れも理解でき、少しずつ緊張しなくなってきました。一生懸命お仕事をしていたらあっという間に1日が終了。ものすごく疲れたことを覚えてます。私のシフトは早番で11時から18時だったので仕事後においしいお店を探しに行こうと意気込んでいたのに無理でした(笑)その日は寮に戻って、お風呂に入って、ご飯を食べたらいつの間にか寝てました。次の日も同じシフトでしたので次こそは!と思いましたが、やっぱり疲れてしまって外に出歩く元気はありません。また昨日と同じ流れで寝ちゃいました。3日目は遅番でしたので17時にお店に行けばいいので、お昼ご飯は美味しいものを食べる為に街へ繰り出しました。この時食べた海鮮丼が衝撃的な美味しさで今まで食べた海鮮丼の中でもナンバー1の美味しさでした!満足しながら寮に戻って時間まで仮眠して17時からお仕事開始。3日目は遅番だったせいなのか、意外と元気でこれから出かけられる位でした。ですが夜も遅いので寮に戻り、明日の休みをどう過ごすか計画を立てながら寝ました。お休みの日は1日観光しました。色んなお店や漁港を訪れて取れたての魚を美味しく頂きました。休みの日は本当に観光だけに時間を当てられるので最高です。私が思った事は仕事の日は無駄に出かけない。お休みの日に思いっきり遊ぶ!これが身も心もリフレッシュできる良い解放の仕方だなと思いました。私は1ヶ月間の出稼ぎでしたが、風俗店やデリヘルに対しての考え方も変わりましたし、変な偏見を持っていたのですがそれは全くなくなりました。デリヘルってお客様と1対1だから何されるかわからない分怖いなって思っていたのですが、デリヘルを利用する人達ってそもそも節度がある人が利用するから逆にそういう事って少ないんだそうです。スタッフさんが教えてくれました。私も身を以て体験してるので、なるほどな!と思えましたし、安心して最後まで働くことが出来ました。長々と私の体験談を書かせて頂いたのですが、最後に言えることは仕事後は余計な体力を使わない、ご飯食べたらすぐ寝る事ですね(笑)全然為にならない駄文で本当に申し訳ないですが、感じだけでも伝われば嬉しいです。