記事詳細

子供の人見知りは、知らない人を見て警戒したり、嫌がったりすることです。ママ以外の人に抱っこされると泣き出したりすることがあります。これも人見知りです。6ヶ月くらいから見られますが、人見知りをしない子もたまにいます。何が違うのかというと、幼い頃から人がたくさんいる場所へ連れてったり、児童館など子どもが集まる場所へ行ったりしていて人に会うことに慣れている子は人見知りが少ないことがあります。人見知りは、不安を感じたり、「知らない」ことによる警戒をしているのです。子どもだけではなく、大人もしますよね。人見知りをそれほど考えすぎることはないと思いますが、小さいうちから外に連れ出したりしてみると少なくなってくるかもしれませんね。

赤ちゃんは生まれて6ヶ月頃から人見知りが始まるといわれています。人見知りは成長過程の一つであり、脳の発達でママやパパ以外の人と区別ができるようになり、自分の居場所を取られないようにするという本能が働くのだそうです。だいたい2歳頃まで続きます。人見知りが激しい子には子どもがたくさんいる場所などに連れて行き、慣れさせてあげてみましょう。保育園や託児所に早くから預けている子は比較的人見知りは少ないようで(個人差はあります)、ママしか知らないよりは、毎日お友達、先生と触れ合っている分、慣れているのでしょう。大人でも人見知りはしますので、怒ったりせず、焦らずにコミュニケーションを取らせてあげてください。

託児所は人見知りが激しい子どもの対応をどのようにしているのでしょうか。お母さんはお仕事をする時は預けることになりますが、最初の頃は親から離れる時、どの子も泣き出します。心配で風俗のお仕事が手につかない、ということにならないよう、そこはもうしょうがない、と腹をくくってお任せしましょう。人見知りを慣らすにはまず、一人の保育士さんが早く顔を覚えるようにつきっきりで見ます。そしてだんだん慣らしていきます。数週間もすればよく泣いていた子も、託児所へ行くのが楽しみになっているくらい楽しく遊んでいるようです。いきなり預けるのに抵抗がある場合は、祖父母で練習をしたり、近くの支援センターや児童館を利用したり、慣らし保育の期間を多く取るのも一つの手だと思います。

託児所ありの風俗店【ハイパーエボリューション】