記事詳細

ギャラ飲みって流行ってますよね。でも、あれって違法かもしれないことってご存知ですか?どこが違法かは利用者には全く分からないと思います。理由としては、人と人を繋ぎ合わせるシステムに問題があるからです。例えば出会い系サイトの場合には、ウェブサイトの中で会員同士が相互に「メッセージをやりとりする」ということが要点です。このシステムでは届け出が必要です。交際クラブの場合、店舗を介して紹介をするだけです。紹介女性にはお礼として男性から交通費を渡せます。このシステムも届け出が必要です。どちらも、知り合うまでは制限がありますが、知り合った後はあくまでも個人個人の問題となります。さて、本題です。ギャラ飲みについては、ウェブサイトを介して出会いを生み出します。しかし、食事などが明確な目的です。その後については他の業界と何ら代わりはありませんが、残念ながら全てのシステムに問題があります。男女利用者は何も詳しく理解していないかもしれませんが、運営側のお金の動きに問題があるのです。出会い系も交際クラブもウェブ上の会員システムの利用料/使用料/紹介料を支払っているに過ぎません。つまり、お金に関しては一方通行であり届け出を出して運営されている以上何も問題はありません。しかし、ギャラ飲みの場合は男女会員の間に運営会社が入り三者間でお金が動きます。この結果、形式上は『派遣』となるのです。これは先払いだろうと後払いだろうと、運営会社が関わるお金の動きである時点で、届け出を出さずにサービスを展開している事自体が違法となる可能性が非常に高いです。そんなこんなで非常に人気の高いサービスですが、もしかすると近い将来にはなくなっているかもしれません。そうなると、現実的に同じことができるルールが定まっている業界は交際クラブしかないのです。出会い系サイトでやったら援助交際で多分捕まってしまうでしょう。交際クラブは明確に「交通費」としてお金を渡すルールが定まっているので可能なんですよね。ただし、ギャラ飲み自体がライトな遊び感覚のものですので、完全後払い制となる交際クラブの価値観とは釣り合わない可能性が高いです。何が言いたいかというと、ギャラ飲みが問題視された日には2次被害を被る可能性もあるわけですから、流石に恐ろしいですよね。気をつけたいものです。
パパ活 LABO