記事詳細

安い交際クラブを利用する際に思うのが「こんなに安すぎて大丈夫なのか?」です。入会金・年会費・紹介料が1万円の交際クラブも世の中にはあります。しかし、そこまで安いとどのような目的があっての運営なのか疑問になります。まず、交際クラブの場合は会員がいなければ始まりません。ですので間口を広く取って入会者のハードルを低くしている点は非常に良いと考えられます。しかし、その後の紹介に関しても1万円となってしまうと、紹介の数量は多くなるかもしれませんが、なかなか収益は生み出しづらいものになってしまう可能性があります。紹介料が3万や5万の店舗での1回の紹介以下となるわけですので、安すぎることは損している可能性があります。問題なのは、紹介後の交流で男性会員が使うお金の量です。結局は1ヶ月に何回遊ぶことができるかなのです。すると、紹介料が安いだけでは男性会員は動けないことになります。交流が生まれた時点で食事・ホテルと芋づる式にお金が必要となってしまっては、5万・10万・15万とお金に余裕がなければ、初めの1万も発生しないことになってしまいます。格安な料金の店舗でも1ヶ月に3回は利用するかもしれませんが、決して安定した店舗運営が可能となる収益とは考えにくいでしょう。仮に100名の男性会員がいて1ヶ月に3回の紹介を求めたとして、運営側が得られる金額は300万円です。これはちょっと寂しい金額です。運営上のコストは賄えるでしょうが、運営労力は膨大なものとなってしまうことが予想されます。ここが1.5万円なら450万ですし、2万円ならば600万円です。どうせ1ヶ月に2回遊ぶくらいが限度だろうとしっかりと予測を立てて計算をすれば、そもそも男性会員から生み出せる収益は多くなるかもしれないと考えるべきでしょう。もっと突き詰めると、交際クラブは女性会員次第です。紹介をして欲しいとなる女性がいなければ始まりません。ですので、そこ次第でいくらでも紹介の数量は増えるものですから、そのあたりの兼ね合いもあるでしょう。料金設定を変えることは難しいですが、初めのスタートの段階でのミスがあると運営に響きそうです。
東京の交際クラブ・デートクラブ情報|プレミアム交際クラブガイド